ゲーム条例は逆効果!ゲーム禁止の家庭で育った学生の今!

議事堂です

某日、香川県にてネット・ゲーム依存対策に関する条例を検討していると発表されました。

その具体的な内容は、

  • 18歳未満のコンピューターゲーム利用時間は一日一時間未満
  • コンピュータゲームの利用は1日、平日60分、休日90分までとする
  • 義務教育修了前は午後9時まで、それ以外は午後10時までに利用を終える

などなど、ゲーム好きから見ればとんでもない内容が並んでいますよね。しかもこの内容ですら批判を受けて修正したものです。

施行されるかどうかは今はまだ分かりません。しかし、もしゲームを無理やり抑制した場合その人がどうなってしまうか、実際の話を元に解説していきます!

ゲーム条例が危惧する、依存症の主な症状

ゲームをプレイしている人です

ゲーム条例を発表する原因になった症状として

  • 自らの義務(学生なら学校)を放棄し、ゲーム優先
  • 昼夜逆転
  • 毎日5,6時間のゲームプレイ

などがあります。わたしの場合はほとんど当てはまってしまいます(笑)

特に最初の『全てに置いてゲーム優先』という点、自治体が一番懸念しているのは結局ここなんですよね。

ゲームに限らずやることやってない人は当然注意されて当然ですし、逆にどれだけゲームをプレイしようがやることをやっている人は文句を言われる筋合いはないです。

続いて、ゲーム依存症になって人生が狂ってしまった人は一体どうしてそうなってしまったのかを見ていきます。

ゲーム条例は逆効果!?重度のゲーム依存症になってしまった人たち

ゲームをプレイする子供と心配する親の画像です

結論から言ってしまうと、実は重度のゲーム依存症になってしまった人たちに多いのは、『親にゲームをさせてもらえなかった人たち』なんです。

高校卒業まではゲームを禁止し、勉強や部活に励んできた我が子ですが、内心ではゲームがやりたいと考えていてもおかしくありません。人間はやるなと言われたら逆にやりたくなってしまう生き物ですからね。

そんな我が子が大学へ進学したことで一人暮らしをはじめ、束縛されるものがなくなってしまったらどういった行動をとると思いますか?

今までの反動でゲームをプレイし続け、どっぷりハマってしまう姿を想像するのはそう難しいことではないですよね。

今回発表されたゲーム条例も18歳以上、もっと言えば高校を卒業した人たちにはほとんど関係のない話です。そのため、ゲーム条例がなんだのと言われなくなった大学生たちはまさに水を得た魚の如くゲームをプレイすることでしょう。

ゲーム依存症への正しい対策は?

ゲーム依存症の対策

正直な話、それがわかっていればゲーム条例が発表されることはなかったと思います。ただ、今回はゲームを禁止させたい立場の人ではなく、ゲーマーとしての立場から考えた対処法をお伝えしていきます。

ゲーマーの立場から言わせていただくと、ゲームが好きな人には『ゲームをやめろ』ではなく、逆に『やるなら一番を目指せ!』くらい言った方が依存症にはなりにくいと思います。

ゲームで依存症になりやすいゲームは、ネットゲームと呼ばれるオンライン環境を必要とするゲームばかりです。そのゲームにはほとんどの場合ランキングや期間限定のイベントといったものがあり、これがゲーム依存症を加速させる原因と言えます。

ランキングは気を抜けば抜かれてしまいますし、期間限定のイベントはその期間が過ぎてしまうとプレイすることができなくなってしまうので、優先させたくなる気持ちはわたし自身よく分かります。

でも、なぜ彼らはゲームのランキングにそこまで固執するのでしょうか?

友達とわいわいやるくらいなら別ですが、ランキングトップを目指すゲーマーたちはそのゲームを純粋に『楽しむ』というのを忘れてしまった人がほとんどです。じゃあなぜそんなにゲームをやっているのか、これはひとえに『プライド』です。

ゲーマーとしてのプライドが、自分が下位になることを許さない、といった感じですね。

わたしがやりたい対処法というのは、依存症になりきっていないゲーマーをそんな環境の元へ無理やり追いやることで、ゲームを楽しくないと思わせる、というものです。

仮にその子に高いゲームセンスがあって楽々それをクリアしてしまうようなら、逆にそのゲームセンスを伸ばした方がいいかもしれません。

近年はe-sportsの市場価値がうなぎ上りです。プロゲーマーに至らずともゲーム攻略サイトの運営者になるなど、将来の選択肢も広がってきますので、一概にゲームを禁止させるのが対策ではないとわたしは考えます。

まとめ

色々言ってきましたが、とりあえずわたしが言いたいのは『ゲームを禁止させることが必ずしもゲーム依存症の対策ではない』ということです。ゲーム条例を施行することでゲーム依存症にならずに済んだという子も出てくるでしょうし、逆効果になってしまったという子も出てくると思います。

その子にあった対策法があり、場合によってはゲームスキルを伸ばすサポートをすることまで考えておきましょう。

ここまで見ていただきありがとうございました!またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です