【APEX】シーズン6スプリット2で実装されるアップデートでの変更点まとめ!

【APEX】シーズン6スプリット2で実装されるアップデートでの変更点まとめ!

レジェンドの変更点まとめ

ブラッドハウンド

  • アルティメット発動中の戦術アビリティのクールタイムが6秒→8秒に変更。

パスファインダー

  • 戦術アビリティのグラップリングが移動した距離に応じてクールタイムが調整されるようになる。(10秒〜35秒)

レイス

  • ダッシュ時のモーションを変更。(ダッシュ時の被弾率が上がる)

クリプト

  • クリプトが保管庫の鍵を持っている場合、ドローンで保管庫を開けられるようになる。

ローバ

  • アルティメット、戦術アビリティ共に射程が3100→4500に変更。
  • マッチング開始時にアビリティゲージが50%溜まった状態でスタートする。

ランパート

  • ADS時にレティクルが狭まる速度が上昇。

武器の変更点まとめ

ディボーション

  • 腰撃ち時の弾の広がり具合が増加。

トリプルテイク

  • 発射速度が1.4→1.3に変更

スピットファイア

  • ディボーションと同様に腰撃ち時の弾の広がり具合が上昇。
  • 水平方向の反動が減少。

進化シールドについて

  • デスボックス内の進化シールド(誰かが使っていた進化シールド)の進化に必要なダメージ数が表示されるようになる。

パフォーマンスについて

以下のゲームパフォーマンスの表示ができるようになる

  • FPS:1秒あたりのフレーム数
  • レイテンシ:サーバーと通信してから戻ってくるまでの時間
  • ロス:サーバーに出入りする際に失われたパケットデータの量
  • チョーク:その時点でのパケットデータの割合
  • IN:サーバーから受け取ったデータの量
  • OUT:サーバーに送ったデータの量

その他の調整

  • ピンが刺されたアイテムを誰かが必要としているか確認することができるUIを追加。
  • あらゆる場面で匿名化することができるストリーマーモードを追加。
  • ワールズエッジのバナー数が増加。(クリプトが周囲の索敵をしやすくなる)
  • 戦闘区域の範囲外にいる際に発動するタイマーが1マッチを通してのものに変更(複数回範囲外に出た場合、30秒にリセットされなくなる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です