ゆる〜いバトロワゲーム『Fall Gays』プレイしてみた感想、評価

ゆる〜いバトロワゲーム『Fall Gays』プレイしてみた感想、評価

今回は8月4日にリリースされた新作ゲーム『Fall Gays』をプレイして思ったこと、面白かったところなどをお伝えしていきます。

この記事からこのゲームの存在を知った人、プレイしてみようか迷っている人、ついでに現在絶賛ハマっている人も是非だらだらしながら読んでいってください。

Fall Gaysとは

周知の方も多いと思いますが、まずは『Fall Gays』(Fall Guys: Ultimate Knockout)がどんなゲームなのかについて解説していきます。

このゲームは玉入れやシーソー、障害物レースといった多くのステージをプレイし、最終的に残った一人が勝利するというバトロワゲームです。PS4またはSteamでプレイ可能です。

バトロワゲームというとFPSを中心に他のプレイヤーを撃破することで勝利を目指すというイメージが強いですが、このゲームは上位〇〇名がステージをクリアすれば次のステージ、という形で人数が厳選されていくため、他のプレイヤーを自身が撃破するということはほぼありません。

ステージの多くは日本のバラエティ番組『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』をモチーフに作られています。操作も移動と掴みくらいしかないので、老若男女誰にでもプレイしやすいゲームです。

⬇️公式PVはこちら⬇️

Fall Gaysプレイしてみた感想

まず面白かったか面白くなかったかで言えば、面白かったというのが素直な感想です。

移動と掴みしかないシンプルな作りになっているにも関わらず、ステージが多いおかげでしばらくは飽きないです。何よりこのゲームは持ち前のゆる〜い雰囲気を楽しむゲームなので、本気で攻略してやろうという人は少ないと思います。

アバターのスキンも多いですし、一位を目指さなくても近くのプレイヤーやフレンドとわちゃわちゃしているだけでゲームを十分に楽しめます。

ただあえて悪かった点をあげるとするならば、負けた後のマッチ抜けがスムーズにできないという点です。

運要素がかなり強いこのゲームでは、ラッキーな勝ち方をする人とは対照的に理不尽といってもいい負け方をする人も出てきます。負けて早く次のマッチへ行きたい時にわざわざそのラウンドのリザルト画面を見てからマッチを抜けないといけないとなると、プレイヤーからすればストレスになってしまいます。

また、ゆるい雰囲気のせいか一位になった時の喜びも他のバトロワゲーム(APEXやFortniteなど)と比べて少ないです。FPS、TPSとはそもそもジャンル違いなのはわかりますが、一位になった時の快感が負けた時のストレスに劣っているとなると長期的にゲームをプレイしていくには中々厳しいです。

負けた後のマッチ抜けがスムーズにできるようになるだけでかなり変わってくるので、今後のアップデートで改善していって欲しいです。

Fall Gaysは買うべき、買うべきでない?

このゲームの価格は通常2,000円ほどですが、PS4版のみPS+加入者限定で無料で購入することができます。(このゲームはPS+に加入していないとオンラインで遊べないので、このゲームをプレイしたい人はまずPS+に加入しましょう)

その無料セールも9月1日までなので、PS4を持っている方は今のうちにダウンロードだけでも済ませておくことをおすすめします。

ただ、現在このゲームに2,000円払って買う価値があるのか?という質問をされると気軽にYesとは答えづらいです。リリースしたばかりなのでアップデートを重ねて面白くなっていく可能性は十分にありますが、現段階では無料で遊べるからやってみる、程度のゲームです。

とは言うもののリリースしたばかりのオンラインゲームは大体そんなものなので、そこまでやる気がない人もとりあえずダウンロードだけしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です