いきなりトレンド入り!ゲーミングベッドって一体何??

なぜか唐突にTwitterのトレンドに入ってきたゲーミングベッド。「そんな物があるのか!」と目を輝かせたゲーマーも少なくないはずです。

しかし、気をつけてください。このゲーミングベッドというのはそれ単品の商品ではありません!これは『Bauhutte』が提案するゲーミングデスクセットの一例として挙げられたものです。様々な商品を組み合わせたデスク環境の一例のことを『ゲーミングベッド』と呼んでいるに過ぎない、ということですね。

ただ、僕は別にゲーミングベッドは偽物だ!なんてことを伝えたいわけではありません。むしろこんなものがあるのか!と目を輝かせたゲーマーの一人です。

ということで今回は、トレンドのゲーミングベッドの正しい情報をお伝えしていきます!

ゲーミングベッドとは

Bauhutteの提案する『ゲーミングベッド』セットは、63,750円のセットと126,300円のセットの二種類あります。

安い方のゲーミングベッドについての説明は以下の通りです。


 ゲーミングベッド

 ゲーミングベッド

ゲーミングベッド

目が覚めて、ベッドからデスクに移動する。それだけのことがなぜこんなにも面倒なのでしょうか?この問題、ゲーミングベッドが解決します。枕元に機能的な収納を追加する『昇降式ヘッドボード』と、シングルベッドの足元にセットできる『ベッドデスク』を採用。起きてすぐゲーム、アニメを観ながら寝落ちの生活サイクルを無理なく実現しました。【追加効果:スペースメリット】大型家具のツートップ、ベッドとデスクを一体化することで、部屋を広く使えるようになります。

基本アイテム 参考価格
ベッドデスク BHD-1200BD-BK 31,500
昇降式ヘッドボード BHB-950-BK 16,500
ゲーミング着る毛布『ダメ着4G』 HFD-4G-L-BK 11,700
ヘッドホンハンガー BHP-S100 4,050
参考合計予算(合算) 63,750

ここで重要なのが、ベッド本体はこのセット内に入っていないという点です。あくまで自身のベッドとこのセットを組み合わせるということが前提なのです。また、自分が使っているベッドと合わない可能性もあるので、購入を検討される方は事前にベッドの寸法などを確認しておくのが吉です。

一方、高い方のゲーミングベッドについての説明は以下の通りです。


ゲーミングベッド

ゲーミングベッド(高)

 ゲーミングベッド(高)

ゲーミングライフに必要なすべてを集約した、究極のゲーミングベッド。基本編をベースに、『ゲーミングソファ』『ロングサイドテーブル』でゲームの快適性を向上。さらに、お菓子やドリンクを大量ストックできる『エナジーワゴン』『スリムボトルラック』による食環境の強化でダメ押し。まさに“永久機関”と呼べる代物です。

基本アイテム 参考価格
ベッドデスク BHD-1200BD-BK 31,500
昇降式ヘッドボード BHB-950-BK 16,500
ゲーミング着る毛布『ダメ着4G』 HFD-4G-L-BK 11,700
ゲーミングソファ BHB-180-RD 22,500
ヘッドホンハンガー BHP-S100 4,050
エナジーワゴン BHS-430EW-BK 11,280
スリムボトルラック BHS-150-BK 12,100
ロングサイドテーブル BHT-800S-BK 16,670
参考合計予算(合算) 126,300

安い方のゲーミングベッドと比べると人をダメにする方向にグレードアップしていますね(笑)

お菓子や飲み物を中心に様々なものを自分の手が届く範囲に置くことができます。また、ゲーミングソファがあるおかげでより楽な姿勢でゲームをプレイすることが可能になっているのも魅力的です。

ただこちらもベッド本体の値段は考慮されていません。その点は注意してください。

引用元サイト→予算10万円。ゲーミングデスクの最強レイアウト12選

ゲーミングベッド、結局買う?買わない?

個人的な感想ですが、このゲーミングベッドが欲しい人は買っても損はしないと思います。

購入することによってゲームスキルが向上するわけでもないので推奨まではしませんが、買いたい人は買ってみても良いのではないでしょうか。

特に一人暮らしをしているゲーマーにはおすすめです。

これはゲーマーに限った話ではないと思いますが、一人暮らしだとベッド周辺のスペースによく使う物をまとめてあったりしませんか?トイレや食事の時以外は基本ベッドで過ごしているという人も多いと思います。

そんな環境の中にこんな天国のような空間ができてしまったら、あなたはどうしますか?

わたしは多分ずっとベッドから出なくなってしまいます(笑)

値段を少しでも抑えたい方は、必要ないと思った商品を削ればコストの削減が可能です。

まとめ

この記事を通してわたしが一番伝えたかったことは、これはゲームのデスク環境の一例として紹介されただけであって、本当のベッドが売られているわけではないということです。

誤解されている方もいると思うので、気をつけてください。購入を考えている方は自分のベッドの寸法等もちゃんと確認しておきましょう!

ここまで見ていただきありがとうございました!またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です