【初心者向け】歌い手になるためにはどうすればいいの?

ツイキャスで歌配信をしたり、Youtubeで歌ってみたを投稿したり、自分の好きな歌い手と同じように自分も歌い手になりたいという人は少なからずいると思います。今回はそんな歌い手になるための、最初に必要な準備について紹介します

1.まずはTwitterアカウント!

歌い手の活動場所は、大手の配信サービスからまだ一般には知られていない小さな配信サービスまで、色々選択肢があります。しかし、Twitterアカウントはほとんどの選択肢で必要になってきます!仮に必要はなかったとしても、自身の宣伝のためにも絶対に作っておいたほうが良いです。

また、そのTwitterアカウントを作る時に一番重要なのはアイコンです。自分で作るなり、絵師さんに依頼するなり、いずれにせよ自分オリジナルのアイコンを使用するようにしましょう。

2.必要な機材

次に必要な機材について説明します。歌い手になるために必要な機材は

  • 録音ソフトを使用するために必要なパソコン
  • 歌を録音する録音ソフト
  • 声を録音ソフトへ送るためのマイク
  • 無駄なノイズを消し、高品質な音声を収録するためのオーディオインターフェイス

とりあえずこの4つを揃えておけば歌い手としてやっていくには十分です。マイクスタンドとポップガードはあると絶対に便利ではあるのですが、無いと歌い手として活動できない!という訳では無いので上記からは外させていただきました。お金に余裕ができたら購入してみてください。

 

M-Audio_24bit192kHz_USB_MIDI_M-Track_2X2M

初心者の方にオススメのオーディオインターフェイスです

【windows】オススメのオーディオインターフェイス(無料)のダウンロードはこちら

【mac】オススメのオーディオインターフェイス(無料)のダウンロードはこちら

準備は万全…?

自身の活動拠点となるサービスとTwitterのアカウントを作成し、機材も揃ったら、いよいよ歌い手としての活動開始です!… …が、収録する場所には気をつけてください。防音対策がされていない場所での収録は周囲の迷惑になりますし、かなり恥ずかしいです。収録する場所には防音グッズを備えておきましょう。部屋に防音グッズは無いけどどうしても歌いたい!という方はカラオケの部屋を借りることをオススメします。

しっかりと準備を整えて、良い歌い手ライフを送りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です