Youtuberになりたい人必見!人気になるには〇〇を作れ!

人気になるには〇〇を作れ!

Youtuberになりたい皆様、突然ですがYoutuberとして人気になるには何が必要だと思いますか?

検証系、ゲーム実況、歌い手など、名を挙げる手段は色々ありますが、わたしは全てにおいて最も大事なのは『アイデンティティ』、即ち『個性』だと考えています。

当たり前じゃん、と思った人もいると思いますが、実際に自分だけの武器を作るというのはそんな簡単なことではないのです。

今回はその個性を作る上での考え方や、他のYoutuberはどんな個性を持っているかを解説していきます。

前回書いた、チャンネル登録者の増やし方についての記事へのリンクです!よかったら合わせて読んでみてください!

Youtubeで人気になるには個性を作れ!

youtuberとして人気になるには個性を作れ!

ここでいう個性とは、自分のYoutuberとしての代名詞ともいえるものです。『歌が上手い』ゲーム実況者や『仮面を被った』Youtuberなど、どんな個性を持つかはあなた次第です。アイデンティティと言った方が若干近いでしょうか。

次はどうやってそのアイデンティティを手に入れるかですが、これは意外と簡単です。

例えば、あなたが『足でゲームをプレイしてみた』という動画を何本もアップロードしたとします。すると、周囲のあなたへの印象は『足でゲームをプレイした人』というものになりますよね。

これだけでOKです。これであなたは『足でゲームをプレイした人』というアイデンティティを手に入れました。(最も足でゲームをプレイするというつまらない企画では人気は出ませんが)

最初は見てくれる人が少ないと思いますが、視聴者にとって面白いことをやっていれば必ず見てくれる人は増えます。1人の心を大きく掴んでその人がSNSで拡散、それを見た人がさらに拡散するというサイクルが生まれればYoutuberとしての成功は目前と言っていいでしょう。

また、小手先の部分にはなってしまいますが、動画冒頭の挨拶や終わり方なども自分オリジナルのものにしておきましょう。

オリジナルの挨拶を作ったからと言って人気に直結するわけではありませんが、見てくれた人の印象には残りやすくなります。

アイデンティティを考える上でやってはいけないこと

アイデンティティを考える上でやってはいけないこと

Youtuberとして人気になるために、人気のYoutuberを真似るのはやめましょう。

正しくは、人気Youtuberのアイデンティティを真似るのはやめましょう、ということですね。

何事に置いても自分よりも上にいる人をリスペクトするのはいいことですが、この話に関してはその法則が逆効果となります。

大人気Youtuberの一人で、日本のYoutube文化の先駆者と言ってもいい『Hikakin TV』のヒカキンさんは代表的なアイデンティティとして『ビートボックス』がありますよね。

仮にあなたがビートボックスを自分の武器として活動していこうと考え、実際にそれを披露したとします。ただ、視聴者から見れば、どうしてもあなたがヒカキンさんの二番煎じになってしまうのです。ヒカキンさんという壁を超えてビートボックスをアイデンティティにするには、ビートボックスの腕前で上回るしかありません。ただ彼はビートボックスでアリアナ・グランデなど世界的に有名なアーティストともコラボしていますからね。他の道を選んだ方が賢明です。

そもそもアイデンティティを頑張って作るのが間違いなのかもしれません。自分が持っている武器を一旦整理して、そこから一つまたは複数の武器を選択し、それらをとことん磨き上げる。これができるならそれに越したことはないでしょう。

ただ、どうしても他のアイデンティティが欲しい場合は、できるだけ独自性の強いものを考えましょうということですね。

いろんな人気Youtuberのアイデンティティまとめ

Fischer's-フィッシャーズ-のアイコンです

Fischer’s-フィッシャーズ-

彼らのアイデンティティはやはり七人グループという大人数ユニットである点でしょう。さらにそれぞれがピンとしてやっていけるくらいに個性が強く、普通の人が七人揃ってわちゃわちゃしているのとは訳が違います。ただ、彼らはアイデンティティが突出しているというより、Youtuberの素質として最も重要になってくる『企画力』がズバ抜けて高いことが人気の原因でしょう。基礎的な部分も大事だということを伝えたかったので、最初に名前を出させていただきました。

 

しょうじさんのアイコンです

しょうじ

こちらはFortniteをメインにプレイしているゲーム実況者です。基本的には動画班と呼ばれるメンバーと一緒にゲームをプレイしており、しょうじさん本人と動画班をまとめて『しょうじ一味』と呼ばれています。動画班はメンバーそれぞれにファンがつくほどの人気で、この『動画班』だけでもチャンネルのアイデンティティとしては十分です。しかし、しょうじさん一番の魅力はその『笑い声』です。彼からしたらただ笑っているだけなのですが、それが唯一無二のアイデンティティとなってしまう、まさに天からの授かりものです。

 

ゆゆうたの写真です

鈴木ゆゆうた

しばらくニコニコで活動していた『ピアニースト』ですが、2019年初期ごろからYoutubeでの動画投稿、または配信が活発になり、あっという間に登録者100万人を突破してしまいました。ピアノの弾き語りの他、『一般男性脱糞シリーズ』を筆頭としたオリジナル曲の作曲なども行なっています。視聴者からは『非常に優れた音楽のセンスをドブに捨てた男』、『うんこの擬人化』などと言われており、才能、プライド、様々なものを捨てた代償にネット活動者としての地位を手に入れたと言ってもいいでしょう。アイデンティティを手に入れるためには、何かを捨てる覚悟も必要なのかもしれませんね。

まとめ

Youtubeで人気になるには、自分だけのアイデンティティを見つけなければいけません。

しかし、そのアイデンティティも簡単に手に入るものではないということですね。自分は何が得意なのか、何が好きなのか、よく考えて決めることをおすすめします。

わたしからお伝えできるのはここまでです。ここまで見てくださった皆様がYoutubeで活躍することを心からお祈りしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です