【レインボーシックスシージ】ランクにチャレンジしたい初心者向けマップ別解説!〜海岸線〜

R6S(レインボーシックスシージ)のマップ別解説、今回は海岸線です!

各防衛拠点の知っておくべき基本、セオリーを攻撃、防衛共に解説していくので初心者の方はこれを見ながらランクをやってみてください!

※この記事は初心者がソロランで味方に合わせて行動できるようになるための記事です。基本しか書いていないこの記事を遵守していても行けるランク帯はせいぜいゴールド前半くらいなものなので、そこから上はプロリーグや実況者などの動画で応用を学びましょう!

2F ペントハウス、劇場

海岸線-マップ2F

攻撃編

必須級オペレーター

  • テルミット(補強壁開通用)
  • サッチャー(補強壁開通用)

準必須級オペレーター

  • ノマド(ラペ狩り対策)
  • IQ(ブラックアイ対策)
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

ペントハウスと劇場、どちらが制圧しやすいかと言われると断然ペントハウスです。ペントハウスは正面入り口側に大きな窓があるため、そこからラペリングを駆使して部屋を覗く、または覗くふりをするだけでも防衛側に圧をかけることができます。そのラペリングを狩りに敵がー階から飛び出して来ることはほぼ確実なので、その対策としてノマドやクレイモアを上手く活用しましょう。

割りたい壁はペントハウスとVIPラウンジの間にある三枚壁です。この三枚壁はショックワイヤーやシグナルディスラプターが置いてあったとしても窓から破壊することができるため、仮にサッチャーがいなくても壁はほぼ確実に開けることができます。

まずはVIPを制圧、次にVIP、ペントハウス間の壁を割り、ベッド裏でディフューザーを設置するというのが一番簡単な勝ち方です。

立ち回り

自身がテルミットorサッチャーなら協力して壁を割りましょう。ペントハウスの大窓からラペリング等で圧をかける人員も一人欲しいので、誰もやっていなければあなたがやって上げてください。(クレイモアなどのラペ狩り対策がないのであれば簡単にキルされてしまうので無理にやらなくていいです)

自身がテルミットまたはサッチャーではないかつ、VIPの人員(テルミットとサッチャーだけで十分ですが、サッチャーがデスした場合はテルミットのカバーをして上げましょう。テルミットがデスした場合はそもそも壁が割れないので無理にカバーに行く必要はないです)とペントハウスの大窓ラペの人員が足りている場合は、劇場側からこっそり攻めるのもありです。

また、敵にパルスがいる場合はVIPの突き上げを狙っているかもしれないので、1Fのパルスをキルするまたは突き上げポジから追い出すといった対策をしてから壁を割るようにしましょう。

防衛編

必須級オペレーター

  • 特になし

準必須級オペレーター

  • ミラ
  • バンディット
  • ヴァルキリー
  • パルス(突き上げ用)
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

敵はペントハウスの三枚壁を割りにVIPラウンジへやって来るので、できるだけVIPラウンジは制圧されないようにしましょう。

パルスをピックしている場合は1Fのキッチン(三枚壁の真下)で待機、心拍センサーを使ってテルミットの突き上げを狙ってください。

海岸線ペントハウス、劇場パルス突き上げ

↑パルスの突き上げ場所です。

海岸線ペントハウス、劇場パルス突き上げ

↑ここの敵がとびます。

バンディットは餅つきができればいいのですが、ペントハウスの大窓からラペリングで覗かれていると簡単にキルされてしまうので、その場合は味方がラペリングしている敵をキルしてくれるのを祈り、無理そうなら諦めるのが吉です。

フッカーラウンジの外にあるフッカーデッキから飛び出すとVIP外にいる敵をキルすることができるので、積極的に飛び出してキルを狙いましょう。仮にキルできなくても敵は防衛拠点のほぼ反対にあるフッカーを気にしなくてはいけなくなるので、キルにこだわって何回も飛び出す必要はないです。

フッカーラウンジ、ビリヤードルーム 飛び出し

ロックされていると返り討ちに合う可能性もあるので、不安ならブラックアイで確認しながら飛び出してください。

インパクトグレネードまたはニトロセルを持っているオペレーターはクレイモアやエアジャブを破壊することができるので、積極的にラペリングを狩りに行きましょう。特に中盤〜後半でラペリングしてきた場合は警戒が薄くなっているので、トラップさえ破壊すれば簡単に敵をキルすることができます。

ケースバイケースではありますが、最優先はVIPルームの敵、次に大窓の敵と考えてもらって構いません。

立ち回り

インパクトグレネードやニトロセルを持っているオペレーターはラペ狩り、その他のオペレーターも現地に篭りすぎずできるだけ広く守りましょう。現地篭りは最悪一人だけでも十分です。ただ広く守るといっても色んな場所で各個撃破されては意味がないので、キルすることよりもデスしないことを最優先に動いてください。

ペントハウス、劇場 ラペリング狩り1

↑1Fメインロビーのバリケードから飛び出すと…

ペントハウス、劇場 ラペリング狩り2

↑こんな感じで大窓ラペを狙うことができます

ペントハウス、劇場 ラペリング狩り

↑1F勝手入口のバリケードから飛び出すと…

ペントハウス、劇場 ラペリング狩り

↑こんな感じで大窓ラペを狙うことができます。

準必須級オペレーターとなっているミラのブラックミラーはAB間の壁に取り付けてください。壁は左右に一枚計二枚ありますが、他に取り付ける場所もないので両方に取り付けてください。劇場からペントハウスが見える形で、劇場から見て右はしゃがみミラ(ニトロセル用)、左は普通の立ちミラにするのがおすすめです。

ヴァルキリーのブラックアイはペントハウス外のラペリングが見える場所に一つ、残りの二つは他に強制するほど重要な場所がないので自由で構いません。

1F キッチン、勝手口

海岸線 1Fマップ

攻撃編

必須級オペレーター

  • 特になし

準必須級オペレーター

  • バックorスレッジ(突き下げ用)
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

一番よくある攻め方はサンライズ・バーを制圧した後、そのままキッチンに向かう攻め方です。

サンライズ・バーは天井が鉄骨化できる上に落とし戸があるので、サンライズの真上の部屋であるフッカーラウンジを並行して制圧しておくと安全に進行することができます。北階段に敵がいた場合は二階と一階で挟撃することも可能になります。

また、メインロビーからトイレへ侵入しキッチンに向かって進行したり、外から勝手入口へ直接侵入するのもありです。勝手入口に関してはスモークグレネードのゴリ押しでディフューザー設置することもできるのでパーティーでやっている場合はやってみてもいいかもしれません。

キッチン側の勝手入口とキッチンに補強壁がありますが、ここは絶対に割る必要はないです。キッチンに至っては広く守ることを前提に最初から割ってあることすらあります。割ったら割ったで有利になりますが、たまにピックされるミラ対策も兼ねてテルミットよりヒバナをピックした方が効果的かもしれません。(テルミットまたはヒバナがピックされていた場合はサッチャーを使ってあげましょう)

立ち回り

まずはプール入り口からの飛び出しリスキルやフッカーラウンジ窓からのリスキルに警戒しながらサンライズ・バー制圧を目指してください。バーカウンターの裏などに敵がいることが多いですが、プール入り口の反対側にある窓のバリケードを割ってやれば敵は二つの方向からの攻撃を警戒しなければいけなくなるのでかなり有利に勝負することができます。

突き下げ場所は2FのVIPラウンジです。窓付近の床を突き下げしてやると敵はほぼキッチンに籠れなくなります。キッチンに敵がいなくなるとサンライズ・バーにいる味方が簡単にキッチンへ侵入、そしてディフューザーを設置することができますよね。

サンライズ・バーに二人以上いる場合はメインロビーや勝手入口、キッチン窓から敵の注意を引くことをおすすめします。敵がサンライズに気を取られている場合はイージーキルを狙うチャンスにもなります。

防衛編

必須級オペレーター

  • ミュート(ドローンの侵入防止用)

準必須級オペレーター

  • イェーガーorワマイ(投げ物防止用)
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

キッチンとBボムの間にある壁をショットガンやインパクトグレネードで開けておきましょう。有刺鉄線がかなり大事な拠点なので、味方のオペレーターに有刺鉄線持ちがいない場合は積極的に使ってあげましょう。

キッチンは窓からの射線や突き下げの餌食になることも多いので、籠るときは射線管理を怠らないでください。ダメだと思ったら勝手入口やトイレまで引きましょう。

また、攻撃編でも散々登場したサンライズ・バーは簡単に制圧されてしまうと防衛が難しくなります。拠点と同じくらい防衛に力を入れてもいいくらい大事な場所なので、優先的に守ってください。

メインロビーの上にある落とし戸は開けておきましょう。

立ち回り

現地はもちろん、サンライズ、2FのVIPルーム、ペントハウスはかなりの確率で敵が来ます。サンライズを取られるとキッチン守りが苦しくなり、さらにVIPラウンジまで取られたとなるともうキッチンは守れなくなるのでこの二つの場所は優先的に守りましょう。

遊撃に自信がなく、現地篭りをしたい人はトイレやキッチン側の勝手入口で待機しておくことをおすすめします。キッチンは上からも平面からも射線が通りまくる危険な場所です。もし勝手入口側ではダメだという場合はサンライズ・バーで潜伏、勝負した方がいいくらいです。

逆に遊撃や途中上がりなどの立ち回りには自信がある!という方は二階を守りましょう。フッカーラウンジ(サンライズ上)とペントハウス(メインロビー上)の落とし戸をあらかじめ開けておき、VIPに敵が来たら応戦、来ない場合は落とし戸を利用して一階を守ってください。

このマップは飛び出し(防衛側が外に出ること)がかなり強いので、積極的に飛び出すのもありです。オフィスから飛び出してサンライズ外の敵を狙う、プール入り口から飛び出してキッチン窓外にいる敵を狙う、メインロビーから飛び出して勝手入口外の敵を狙うなどの飛び出しがおすすめです。

2F フッカーラウンジ、ビリヤードルーム

海岸線-マップ2F

攻撃編

必須級オペレーター

  • 特になし

準必須級オペレーター

  • 特になし
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

フッカーラウンジは特定のオペレーターが必ず必要になる!といったことはありません。せいぜい有刺鉄線やキャッスルのアーマーパネルを破壊できるオペレーターが欲しいかなというくらいなので、迷ったらソフトブリーチャーを選択しましょう。

フッカーデッキからフッカーラウンジへの潜入を狙う、南廊下またはバルコニーからアクアリウムを制圧し、その後ビリヤードルームの制圧を狙う、VIPラウンジからビリヤードルームまたはフッカーラウンジ近くの廊下にいる敵を殲滅するなどといった攻め方が一般的です。

フッカーラウンジ側を攻めたい場合はフッカーデッキ、北階段下のから潜入を狙いつつ、ラペリングで窓から覗いてキルを狙うのが効果的です。ただし、ラペリングは飛び出しを警戒しなけれないけない場所が三つ以上ありますし、フッカーデッキもVIPラウンジや1Fプール入り口からの飛び出しでキルされてしまうことがあります。クレイモア+味方のカバーで少しでもキルされる可能性を減らしましょう。

アクアリウムから攻めたい場合は南階段や劇場側にある廊下からの裏どりに警戒しながらできるだけ迅速に前へ進行しましょう。エイム勝負になることが多いので、エイムに自信がない人はやめておいた方がいいかもしれません。ビリヤードルームにあるバリケードからラペリングで注意を引いてやると味方が進行しやすくなります。(おそらくすぐにラペリング狩りが来ますし、ビリヤードルームの敵との撃ち合いが有利な場所でもないので、あまり長い時間ラペリングはしないでください)

パーティーでプレイしていて何か作戦があるなら別ですが、ほとんどの場合はオペレーターに依存しない普通のFPSっぽいマッチになります。

立ち回り

フッカーラウンジを制圧したい場合はまず北階段を取るのが一般的です。北階段から射線を通してフッカーラウンジを守ることが多いためです。基本的にはフッカーデッキから圧をかけつつ別の味方が一階から攻めるという攻め方をおすすめします。

フッカーラウンジ、ビリヤードルーム北階段

↑こんな感じで穴が空いていることが多いです。

アクアリウムからビリヤードルームを攻めたい場合は南廊下とバルコニー、二つのルートがあります。バルコニーから進行する場合は裏取りの心配なくアクアリウム、ビリヤードルームを覗くことができます。ただしバルコニーは外にあるので他の部屋と繋がっていないので、こちらも立ち回りで勝負することはできません。さらに南廊下にある窓から射線を通されたらかなり厳しいです。

逆に南廊下から進行する場合は一回撃ち合った後、廊下を回り込んで反対方向からビリヤードルーム、アクアリウムを狙うといったような、立ち回りを活かした攻め方をすることができます。ただしその分敵から裏取りされる可能性も高いです。

それぞれの攻め方にメリット、デメリットがありますが、理想は様々な場所から囲いこむような攻めです。一つの場所に集まりすぎず適度にバラけて行動しましょう。

防衛編

必須級オペレーター

  • ミュート

準必須級オペレーター

  • 特になし
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

ミュートは北階段、フッカーラウンジ、アクアリウムに置いておくとかなり強力です。この防衛場所は囲いこむように攻められると逃げ場がなくなってしまうので、敵の前進をできるだけ塞き止めるのが目的です。

防衛拠点となっている二つの場所と同じくらい大事になってくる場所が北階段とアクアリウムです。北階段はフッカーラウンジ、アクアリウムはビリヤードルームの防衛に不可欠と言ってもいいくらいの場所なので、そこまでが防衛拠点だと思って行動しましょう。また、北階段寄りにあるフッカーラウンジの壁はインパクトグレネードやショットガンで開通しておきましょう。

準必須級とまではいかないですが、キャッスルを使って現地の窓を守ることも多いです。

フッカーラウンジやビリヤードルームにある窓からラペリングで覗かれると非常に厄介ですが、飛び出せば簡単にキルすることができます。

フッカーデッキにいる敵もVIPラウンジからの飛び出しでキルすることができるので、状況を見ながら積極的に飛び出すことをおすすめします。(VIPラウンジからの飛び出しはフッカー窓のラペリングも狩ることができます。)

囲まれてやられるか、囲まれる前に飛び出しなどで人数を削るか、そこが勝負の分かれ目となって来ます。

立ち回り

攻撃側に囲まれてしまうと取り返しが付かなくなるので、マップを広く使って守りましょう。ただし、一人で行動した結果すぐにデスしてしまうと簡単に進行されてしまいます。どの防衛場所でも言えることですが、遊撃に出る時はデスしないことを第一に行動しましょう。

この防衛拠点は飛び出しが強力な場所ですが、特におすすめしたいのが2FVIPラウンジからの飛び出し(フッカーラウンジ窓のラペリング+フッカーデッキにいる敵の一部を狩れる)と1Fオフィスからの飛び出し(ビリヤードルーム窓のラペリングを狩れる)です。

フッカーラウンジ、ビリヤードルーム飛び出し

↑VIPルームからの飛び出しです。

フッカーラウンジ、ビリヤードルーム飛び出し

↑オフィスからの飛び出しです。

サンライズ・バーとプール入り口にあるバリケード全てはこの防衛において重要な場所にいる敵を見ることができますが、敵が警戒しているか部屋内に侵入している可能性が高いです。状況を見て行けそうなら使いたい部屋ですが、敵が多くいる場合などは無理せず他の場所から飛び出してキルを狙いましょう。

現地篭りをする場合は基本ビリヤードルームにいてください。フッカーラウンジを重点的に守りたい場合はフッカー内で撃ち合うのではなく北階段やフッカー前の廊下からにしましょう。

1F ブルー・バー、サンライズ・バー

海岸線 1Fマップ

攻撃編

必須級オペレーター

  • スレッジorバック(突き下げ用)

準必須級オペレーター

  • 特になし
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

大前提として、ランクでは滅多に選択されることはありません。選んでくるとすればその場のノリまたは独自の守り方を持っているパーティーです。後者の場合はソロランで挑んでいるであろうあなたは蹂躙されてしまう可能性が高いですが、前者であることを信じて解説していきます。

この防衛拠点が選ばれないのは天井ほぼ全てが突き下げ可能となっているからです。スレッジやバック、フューズなどで二階から攻撃すると現地に篭れなくなるので、まずは防衛拠点の真上に当たるフッカーラウンジ、ビリヤードルームを制圧しましょう。

逆に防衛側が上を攻められる前提で二階に集まっている場合はプール入り口や現地窓などから現地内に直接侵入しましょう。平面攻めを強化するためブルー・バー、オフィス間やブルー・バー、中庭間の補強壁を割ってみるのもありです。(中庭側の補強壁は開けすぎたら敵に利用されてしまうかつテルミットだと危ないので、開けるならヒバナのランチャーにしましょう)

上からの攻撃に非常に弱い上平面からの攻撃に強いというわけでもない防衛拠点となっているので、守りが薄い方を見極めて進行しましょう。

立ち回り

二階に敵が集まっているにも関わらず現地、一階への射線を通していないのみ一階から進行、それ以外は二階から制圧する攻め方と考えてもらっていいです。

難易度の低いフッカーラウンジ、ビリヤードルーム攻め→部屋を鉄骨化→現地内の敵をキルor追い出す→ディフューザー設置というのが一連の流れです。

フッカーラウンジ、ビリヤードルームを鉄骨化することに成功したらほぼ勝ち確定です。上からのロック+ディフューザー設置で全てを終わらせましょう。

一階から攻める場合は唯一現地への入り口が上から見えないプール入り口から攻めることをおすすめします。サンライズ・バーのカウンター裏からロックされていることが多いですが、そのカウンター裏は二階から鉄骨化できます。

防衛編

必須級オペレーター

  • 特になし

準必須級オペレーター

  • イェーガーorワマイ(投げ物対策)
  • ミュート(ドローン妨害用)
セオリー&覚えて欲しいあれこれ

この防衛場所は天井がほぼ全て鉄骨化できてしまう上に平面からの攻撃に強いわけでもないです。守るなら二階のフッカーラウンジ、ビリヤードルーム、アクアリウムから射線を通して守るようにしましょう。

二階を守ることが前提と言ってもいい場所なので、現地上の落とし戸(フッカーラウンジにある落とし戸)はあらかじめ開けておいても構いません。オフィス上にある落とし戸(アクアリウムにある落とし戸)は最初から開けておくと敵がオフィスに侵入しにくくなります。

上記の通り現地はかなり弱いですが、唯一といってもいい強ポジがサンライズ・バーのカウンター裏です。ただ平面では強気に勝負できるものの、ここも鉄骨化できてしまうので、誰かが真上(フッカーラウンジ)を守ってあげることをおすすめします。ソロランだと野良の誰かがカウンター裏に入ってくれることが多いので自身が二階の防衛に出向くといいです。

二階を簡単に制圧されてしまうと簡単に負けてしまいますし、かといって下を疎かにすると直攻めされてディフューザーを設置されてしまうかなり防衛が難しい場所となっています。

立ち回り

二階を重点的に守りたい場合はフッカーラウンジ、ビリヤードルーム、アクアリウムに来た敵をキルすることが至上命題です。ヴァルキリーのブラックアイや防弾カメラなどを利用して敵の侵入を確認した後、裏取り気味にキルを狙ったり、二階へ向かおうとする敵を飛び出してキルするなどして敵の進行を防ぎましょう。

一階を重点的に守りたい場合はプール入り口、オフィスからの侵入を防ぎましょう。キッチンから敵が来ることもあります。

オフィス側を重点的に防衛したい場合は一階から守るより真上のアクアリウムを利用して守る方が安全なので、できることならオフィス兼アクアリウム付近の防衛をするようにしましょう。

ここまで散々二階の防衛が大事だと説明してきましたが、現地まで進行されてしまっているのにずっと上にいるのでは意味がありません。しっかり状況を見て二階を捨てる覚悟も持っておいてください。

最後に

ガレージが無く現地の真上にある落とし戸が少ないので割職(テルミット、ヒバナ)の重要度が低いです。

逆に飛び出しは他のマップと比べて重要になってくるので、どこを飛び出したらどこの敵をキルできるのかを把握しておきましょう!

ここまでご覧いただきありがとうございました!またどこかでお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です