【レインボーシックスシージ】ランクにチャレンジしたい初心者向けマップ別解説!〜領事館〜

R6S(レインボーシックスシージ)のマップ別解説、今回は領事館です!

各防衛拠点の知っておくべき基本、セオリーを攻撃、防衛共に解説していくので初心者の方はこれを見ながらランクをやってみてください!

※この記事は初心者がソロランで味方に合わせて行動できるようになるための記事です。基本しか書いていないこの記事を遵守していても行けるランク帯はせいぜいゴールド前半くらいなものなので、そこから上はプロリーグや実況者などの動画で応用を学びましょう!

地下ガレージ、地下カフェテリア

地下 ガレージ、カフェテリア

攻撃編

必須級オペレーター

  • テルミット(補強壁開通用)
  • サッチャー(補強壁のショックワイヤー、シグナルディスラプター破壊用)
  • バックorスレッジ(突き下げ用)

準必須級オペレーター

  • トゥイッチ(ブラックミラ、ショックワイヤー、イーヴィルアイ等破壊用)
セオリー&覚えてほしいあれこれ

外からガレージの補強壁を割り、ロック(一つの場所にエイムを置いておき、そこから来た敵を撃つことで敵の進行を防ぐまたはキルすること)、スモークなどで射線を切るなどしてディフューザーを設置するのがよくある流れです。

バンディットが餅つきをしていることが多いですが、1Fの会見室や控え室の床を鉄骨化して突き下げすることができます。リスクは高いですが非常階段からもガレージ前にいる敵をキルすることができますし、テルミット、サッチャーは無理せず味方が援護してくれるのを待ちましょう。

会見室突き下げ1

ここを鉄骨化すると…

会見室突き下げ2

上からガレージを見ることができます

カフェテリアを攻めるときは従業員用階段や落とし戸から進行することが多いです。防衛側がガレージ側に気を取られている時ほどよく刺さるので、ガレージ攻めがきついな…と感じたら瞬時にカフェテリア攻めに切り替えるのもありです。

この防衛場所はガレージを割るかどうかが一番重要だと思われがちですが、同じくらい突き下げが大事な防衛場所でもあります。ガレージ内の強ポジはほぼ全て潰せるので、裏取りに気をつけながら積極的に鉄骨化していきましょう。

テルミット、サッチャーの壁破壊組はディフューザー設置を、スレッジまたはバックで突き下げる人、遊撃をする人は積極的にキルを狙っていきましょう。

立ち回り

テルミット&サッチャーはガレージ外へ直行し、補強壁を割ることとデスしないことを最優先に考えてください。もしバンディットが餅つきしていた場合は、ヒートチャージが壊されないように餅つきを誘導しつつ、突き下げや非常階段からのヘルプを待ちましょう。壁さえ破壊できれば意外と簡単にディフューザーを設置することができます。

突き下げをしたい場合はロビーや西通路にあるバリケードなどから会見室、控え室の床を破壊しましょう。ただし階段が三つあるというマップ構造に加えて二階もあるので、遊撃や途中上がりをしているプレイヤーには気をつけてください。二階に敵がいることが分かっているときはまず二階から制圧していきましょう。強ポジや補強壁裏を潰したあとは来るであろう裏取りに備えてロック、ドローン回しをしておくのもありです。

また、突き下げ、ガレージの壁破壊とそれぞれの役割がはっきりしている故に、リスキルなどで人数が早々に欠けてしまうとその後の攻めがかなり辛くなってしまいます。

領事館はリスキルが多いマップなので、リスキルには細心の注意を払いましょう。

防衛編

必須級オペレーター

  • バンディット(餅つき用)
  • ミュート(クリアリング妨害用)

準必須級オペレーター

  • ミラ(ガレージ側から来た敵と撃ち合う用)
  • マエストロ(索敵&ディフューザー設置阻止用)
  • エコー(索敵&ディフューザー設置阻止用)
セオリー&覚えてほしいあれこれ

バンディットの餅つきが前提となってくる防衛拠点です。ただし餅つきする場所は一階から突き下げられてしまうことが多いので、バンディットが餅つきしている時は一階の会見室に敵が来ないようにしてあげましょう。

ただ、そういった対処が分かっていても尚ガレージの壁は割られてしまうことが多いです。そんな時にミラのブラックミラーやマエストロのイーヴィルアイ、エコーのYOKAIドローンなどがあると敵が侵入、ディフューザー設置しにくくなるのでおすすめです。

攻撃編で記述した通り1F会見室からの突き下げも非常に驚異です。あらかじめ遊撃に出たり途中上がりを試みるなどして対処しましょう。

また、この防衛場所は非常階段の入り口のすぐそこにあるので、油断していると非常階段から進行されてしまいます。有刺鉄線を置くだけでそこから敵が進行しづらくなるので、非常階段には有刺鉄線を置いておくようにしましょう。

ガレージの補強壁へのヒートチャージと会見室からの突き下げの阻止を優先して行動してください。

立ち回り

バンディットは三枚補強の裏で待機、餅つきで壁を割られないようにしましょう。非常階段からピークされると簡単にキルされてしまうので、バンディットが餅つきしている間は他の誰かが非常階段を守ってあげてください。

また、餅つきと並行して一階の会見室の床を破壊されないように守ってください。バンディットは会見室の床を鉄骨化されると突き下げで簡単にキルされてしまうので、もし突き下げがきたら迷わず逃げましょう。

敵が突き下げを始めたらメイン階段や従業員階段などから会見室へ向かいましょう。基本的に敵は突き下げに夢中になってこちらを向いていないことが多いです。ただ当然突き下げをしているオペレーターとは違うオペレーターがロックしている可能性もあります。ロックが心配な場合は二階の落とし戸から見る、二階から突き下げするなどすれば安全に戦うことができます。そこそこ高い確率でイージーキルが取れるので是非一階の敵の殲滅を狙ってみてください。

どれだけ敵の進行を遅らせることができるかで守りやすさが段違いに変わってきます。

2F 領事オフィス、会議室

領事館2F

攻撃編

必須級オペレーター

  • IQ(ブラックアイ発見&破壊用)

準必須級オペレーター

  • カピタオ(ディフューザー設置用)
セオリー&覚えてほしいあれこれ

管理事務室、メイン階段、非常階段、バルコニー…他にも様々な場所から進行が可能な防衛場所です。

この防衛場所は領事オフィスの窓からラペリングで覗かれるとかなり弱いです。そのためラペリング対策にヴァルキリーが外へブラックアイを投げていることが多いので、積極的にIQをピックしてブラックアイを破壊しましょう。

準必須級オペレーターにカピタオを挙げていますが、これは領事オフィスに敵がいなかった場合、領事オフィスの窓ラペから火矢とスモークを使うことで簡単にディフューザーを設置することができるからです。突き上げC4が大敵なので、1F会見室にパルスがいないか、C4はついていないかなどをあらかじめ確認しておきましょう。

固まって行動するというよりも広く散らばって行動することが多い防衛場所なので、ドローンでのクリアリングや単純な撃ち合いの強さが重要になってきます。

ディフューザー持ちが領事オフィス窓から設置&キルを狙い、他のメンバーは各々管理事務室や非常階段などから攻めていくというのが一番わかりやすい攻め方です。

立ち回り

IQは屋上などマップ全体がよく見える場所からブラックアイを探し、破壊することを最優先に動いてください。

カピタオは領事オフィスの窓からディフューザー設置するのが強いと前述しましたが、これはあくまで領事オフィスに誰もいなかった場合の話です。無理だと感じた場合は他のオペレーター同様に別の場所から進行してください。時間を置いてまた戻ってくるのはありです。

アッシュやゾフィア、フラググレネード持ちは有刺鉄線やイーヴィルアイなどを破壊してあげると味方がより進行しやすくなります。

その他のオペレーターの立ち回りに関してはほとんど変わりません。ドローンを見て守りが薄いと感じた場所から攻めていきましょう。

防衛編

必須級オペレーター

  • ミュート(クリアリング妨害用)
  • ヴァルキリー(索敵用)

準必須級オペレーター

  • イェーガー(窓からの投げ物対策(カピタオ対策にもなる))
セオリー&覚えてほしいあれこれ

ラペリングで覗かれることが多い防衛場所となっているので、飛び出しが非常に刺さります。特に0.5階にある非常階段入り口、バルコニー、1Fビザ申請オフィスからの飛び出しは強力なので、ラペリング音を聞いて積極的に飛び出していきましょう。ラペリングしている様子と飛び出す場所付近が見える位置にブラックアイを投げておくとより安全に飛び出すことができます。

非常階段とメイン階段は屋上から射線が通っているので、通る場合は気をつけてください。

従業員用階段付近にある管理事務室の壁を開けておくと従業員用階段から来た敵を後ろからキルすることができます。開けておくだけで敵が通りづらくなるので是非開けておいてください。

専用トイレと領事応接室の間の壁は足元をショットガンで開通させておくと、敵が侵入してきた時かなり有利に撃ち合うことができます。

敵はあらゆる場所から進行してきますが、特に気をつけて欲しいのは領事オフィスの窓と非常階段からの進行です。正面から撃ち合って勝てれば問題ないですが、領事オフィス窓にいる敵は非常階段からの飛び出しで、その非常階段にいる敵は一階から裏取りすることで比較的簡単にキルすることができます。

現地に籠るよりも立ち回ってキルを狙う方が強力です。

立ち回り

あらかじめ一階に潜んでおくと後々裏取りや飛び出しがしやすくなりますが、一階に集中しすぎると二階が手薄になり、管理事務室や専用トイレ、領事オフィス窓から侵入しやすくなってしまいます。一階へ遊撃に行くのは二階に残っている味方の数を見ながら考えてください。

現地を徹底的に守りたい場合は領事オフィスや待ち合い室、廊下にある長机裏などが主な居場所になってきます。色々な場所から射線が通っているので、死角からの攻撃には気をつけてください。囲まれているなと感じたら強引に突破を狙うしかないので、ピンチの時ほど強気に撃ち合って下さい。

ヴァルキリーは外へ向かってカメラを投げておきましょう。上手い位置にカメラを投げれば三つのカメラで外全てを見ることも可能になります。自分がカメラの位置や使い方をよく分かっているので、できるだけその後はカメラを見ながら飛び出しキルを狙っていきましょう。

よく使われるカメラの例をいくつか紹介しますが、このカメラたちはもう有名になってしまっているためIQを使わずとも敵が発見してしまう可能性が高いです。この記事ではあくまで基本的なことしか解説しないので、より見つかりにくい場所にカメラを隠したい場合は自分でカメラポジを探す、プロリーグを見て学ぶなどしてください。

ブラックアイカメラの解説です

↑非常階段の窓です

ブラックアイカメラの解説です

伏せて木に向かって投げると…

ブラックアイカメラの解説です

このように領事オフィス窓のラペリング、非常階段出入り口を見ることができます。

ブラックアイカメラの解説です

黄ピンの位置にカメラを投げると…

ブラックアイカメラの解説です

このように領事館正面全体のラペリングを見ることができます。

※今回はわかりやすいように一階から投げましたが、いつもはバルコニーから適当な位置に投げています。

二階(現地)の守りと一階からの飛び出しを上手く共存させて守りましょう。

1F ロビー、会見室

1F ロビー、会見室

攻撃編

必須級オペレーター

  • IQ(ブラックアイ発見&破壊用)
  • ノマド(飛び出し防止用)

準必須級オペレーター

  • グリッドロック(ディフューザー設置用)
セオリー&覚えてほしいあれこれ

このマップでリスキルしてくる確率が最も高い防衛拠点となっています。会見室や控え室にあるバリケードからはもちろん、バルコニーやビザ申請エントランスから飛び出してキルしにくることも多いです。

攻め方としては、まず二階を制圧し、工事や落とし戸を割るなどして上から射線を通します。二階の会議室を取られるとロビーにはいられなくなるので、敵が引いたロビー内でスモーキなどを焚きつつディフューザー設置、といった流れです。

ほとんどの場合は防衛側が二階を守る前提で動くので、既に落とし戸が開いていたり工事されていたりすることが多いです。フロントドアから侵入しようとする初心者は多いですが、ここは工事されていた場合二階からしっかり射線が通っているので、そこから進行するくらいならまず二階の会議室へ向かいましょう。

領事館フロント

領事館フロントの射線

人数不利にならなければ基本取れる防衛場所なので、リスキルで早々にデスしてしまうことだけは全力で回避してください。

立ち回り

一階から攻めたい場合はフロントから直接ディフューザー設置を狙うか、非常階段やビザ申請オフィスから進行してください。ただ非常階段もビザ申請オフィスも敵が警戒しているポイントですし、二階から射線が通っているので、攻めのリテイクをしていて残り時間がないなどの理由がある時以外は二階から攻めた方が良いです。

二階から攻める場合は管理事務室や領事オフィス、バルコニーなどから侵入して二階にいる敵をキルまたは一階へ追い出すようにしましょう。二階を制圧できたら会議室や領事オフィスから敵の突き下げを行い、現地から敵を追い出しましょう。ディフューザー設置が通った後も二階からディフューザー、控室を見る形でロックしておいてください。

ディフューザーを持っている人はあまりアクティブに行動し過ぎない方が良いです。二階が制圧できるまでフロントの外からチマチマ撃ち続けるくらいの気持ちで構いません。

防衛編

必須級オペレーター

  • スモーク(工事&毒ガスによる侵入阻止用)
  • ヴァルキリー(索敵用)

準必須級オペレーター

  • イェーガー(スモークやフラッシュバンなどの投げ物防止用)
  • マエストロ(索敵&ディフューザー設置阻止用)
  • エコー(索敵&ディフューザー設置用)
セオリー&覚えてほしいあれこれ

会議室を工事して守ることが前提となるため、ロビー上の落とし戸は開けておいた方が良いです。もう一つの現地となる会見室にも落とし戸はありますが、こちらは補強してしまっても構いません。より二階の守りに力を入れたい場合のみ開けておきましょう。

会議室

ここを鉄骨化すると…

会議室工事

フロントから入ってくる敵を見ることができます。

ヴァルキリーはフロント側が一望できる場所に一つカメラを投げておいてください。正直バルコニーから外に向かって適当に投げるだけで良い感じの場所につくので細かい場所は指定しません。他の二つは現地に仕掛けるもよし、二階に仕掛けておくもよし、外に追加で投げるもよし、自由にお使いください。

エコー、マエストロが活躍するのはディフューザー設置の駆け引きが発生するような終盤辺りからなので、終盤までデスしないようにしましょう。

この防衛場所が、というよりこの防衛拠点になったらよく選択されるリスポーン地がリスキルにかなり弱いです。現地窓からのリスキル、ビザ申請オフィスからのリスキル、様々な角度から積極的に狙っていきましょう。ただし一瞬でデスしてしまっては戦犯まっしぐらなので、自信がない人はやめておきましょう。

AB間を開ける防衛場所がほとんどですが、この防衛場所はそもそもAB間に壁がないので開通の必要がありません。

立ち回り

会見室のバリケードからリスキルする人が多いですが、ここからのリスキルはこちらがキルされてしまう可能性も高いです。ビザ申請エントランスやバルコニーから飛び出してダメだったらすぐ帰る形でのリスキルをおすすめします。単純に飛び出すだけでも強いので、ブラックアイなどで敵のロック、進行などを確認しながら積極的に飛び出しましょう。

二階を守る人が一番死守して欲しいのが会議室です。ここを制圧されてしまうとロビーにディフューザーを設置されてしまうので、少なくとも人数有利になるまたはラウンド終盤になるまでは持ち堪えて欲しいです。

エコー、マエストロは序盤トイレ内でイーヴィルアイまたはYOKAIドローンで索敵するだけでも構いません。中〜終盤は人数差や時間を意識しつつ、隙を見て索敵、現地やその付近に敵が集まってきた場合は前に出過ぎず戦ってください。終盤に混戦の中ディフューザーを設置している敵を阻止することができればベストです。

スモークは現地にいることが多いオペレーターですが、この防衛場所に関しては二階の会議室を工事してそこから敵を見る形でも構いません。二階からでもフロントからロビーに侵入してくる敵にガスグレネードを投げることができるからです。一人でいる時に敵と遭遇するのが不安だという人も安心してください。もし危なくなったら落とし戸から逃げられますし、会議室はショットガンがよく刺さります。

1F窓口、地下資料室

領事館1F

領事館 地下

攻撃編

必須級オペレーター

  • 特になし

準必須級オペレーター

  • トゥイッチ(イーヴィルアイ、ADS等破壊用)
  • サッチャー(電子デバイス破壊用)
セオリー&覚えてほしいあれこれ

ランクではあまり使われることのない防衛場所です。必須というほど優先的に選ばなければいけないオペレーターは特にいませんが、トゥイッチやサッチャーなどの電子デバイスの破壊に優れたオペレーター、ゾフィアやアッシュなどの遠距離からソフトブリーチできるオペレーター、フラッシュバン、スモークグレネードといった投擲物を持っているオペレーターなどをピックすればスムーズに進行することができます。

ビザ申請エントランスから進行するプレイヤーは多いですが、その際は入り口の真上が鉄骨化されていないことを確認してください。鉄骨化されている場合は管理事務室から射線が通されているので、まずはそこにいる敵から潰しましょう。

ビザ申請エントランス入り口↑ここから侵入すると撃たれます。防衛側はこちらが建物内に入る手前で視認することができるので、工事されているか確認する時はドローンを使いましょう。

地下のガレージを補強しているチームも多いですが、非常階段や複数の落とし戸から地下に侵入することができるので、わざわざテルミットを持ってくる必要もないです。ただ割ったら時短で侵入できるのも事実なので、別の防衛場所を警戒していたのにピックされたという場合などは素直に割っておきましょう。

従業員用階段の一階にあるバリケードは破壊しておくと敵がそこから撃ち合いづらくなるので、とりあえず破壊しておきましょう。

立ち回り

一階のビザ申請窓口を攻めたい場合は二階の管理事務室に敵がいないかを確認してください。いた場合は工事で射線を通している可能性が高いので、そこから制圧してしまいましょう。いないかつ工事がされていないようならわざわざ向かう必要はありません。その後はビザ申請オフィス、窓口内の敵と戦闘し、敵がいなくなったら窓口内でディフューザー設置しましょう。パルスやヴァルキリーで突き上げされてしまう可能性もあるので、できれば机や棚などに登って設置してください。

地下の資料室を攻める場合はガレージや非常階段から地下へ侵入し、地下通路、資料室前廊下から進行してください。直線で勝負することが多いので、モンターニュやブリッツでガンガン進行していくのも強いです。資料室で籠っているプレイヤーは多くないので、人数で押せば意外と簡単に制圧できます。制圧後は落とし戸からドロップしてく敵に気をつけながらディフューザーを設置してください。

防衛側が一階守りに人員を割いているなら地下を、地下に人員を割いているようなら一階を攻めるという形で攻めましょう。

防衛編

必須級オペレーター

  • 特になし

準必須級オペレーター

  • マエストロ
  • イェーガー
  • エコー
  • ヴァルキリー
セオリー&覚えてほしいあれこれ

野良で選ぶと補強場所にすら困るような防衛場所です。一階は補強無しでもやっていけるくらいなので、迷ったら地下の資料室付近を補強しておいてください。

単純な撃ち合いが多い上、現地(特に窓口)には強ポジが少ないです。普通にやっては簡単に蹂躙されてしまいますが、防衛側はマップ内を工事することで攻撃側に対抗することができます。

特に二階の管理事務室の工事は窓口を守るためには必要不可欠といっていいほど重要なので、絶対に工事しておきましょう。

ここを鉄骨化すると…

このようにビザ申請エントランスの入り口を見ることができます。

地下資料室は平面での侵入経路が直線続きの廊下のため、ロックが非常に刺さります。一応落とし戸はありますが、攻撃側はそこを割るくらいなら窓口でディフューザーを設置します。窓口とは違い籠って戦うと強い防衛場所となっていますが、籠りすぎると窓口でディフューザーを設置されてしまうので注意してください。

ただ、あえて窓口に侵入させてパルスで突き上げを狙うという手もあります。

二つの防衛場所を比べると窓口の方が制圧されやすいので、イーヴィルアイや防弾カメラをビザ申請オフィスに設置して進行しづらくさせましょう。

地下、一階、二階と幅広く守らなければいけませんが、守る際には人数を偏らせすぎないようにしましょう。

立ち回り

地下、一階、二階に分けて立ち回りを解説します。

地下をメインに守りたい方は地下資料室から廊下のロックし、ガレージやメイン階段から進行してきた敵と撃ち合ってください。地下から敵が来ない場合は非常階段や従業員用階段から一階にいるであろう敵の裏取りをしてあげてください。

一階をメインに守りたい方は主に窓口内や東通路内で敵と撃ち合うことが多くなってきます。管理事務室からのカバーがないと簡単にキルされてしまうことも多いので、こまめに管理事務室にチームメイトがいることを確認しておいてください。二階に誰もいない場合は自ら上がっても構いません。

二階をメインに守りたい方(二階にいるものの狙う敵は一階にいる敵なので、実質一階守り)はまず管理事務室の工事を行ってください。同部屋内の落とし戸は割っておきましょう。二階に敵が来た場合は自分で撃退してください。敵が人数をかけて潰しに来た場合は一度引いた後味方を連れて再度仕掛けるか、デス覚悟の時間稼ぎをお願いします。

マエストロやエコーはガジェットをいじる時間が多いため、比較的安全な地下資料室で籠るのが望ましいです。

どれも大事な役割なので、足りない部分を補うような形で立ち回りましょう。

まとめ

領事館はブラックアイを使った飛び出しや工事がよく刺さるマップとなっています。

攻撃側はどれだけ飛び出しや工事に邪魔されず自分たちがやりたいことをやれるか、防衛側はどれだけ攻撃側がやりたいことを阻止できるかが勝負の鍵になってくるでしょう。

初心者の方はこの記事を確認しながらランクをプレイしてみてください!

ここまでご覧いただきありがとうございました!またどこかでお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です