ルーターが遠くて満足にゲームができない!そんな方におすすめのWi-Fi中継機とは?

アイキャッチ

オンラインゲームやネット配信などがしたいけどルーターの場所が遠くて無線が安定しない、かといってルーターが部屋から遠いから有線にもできない!と現在の状況に右往左往している方は少なからずいると思います。特に学生の方なんかはリビングにあるルーターが部屋まで届かないなんてことが多いですよね。

そんな方におすすめなのがWi-Fiの電波を拡張、または擬似ルーターとして使用することができる『Wi-Fi中継機』です!

名前からどんな商品かは大体察することができるとは思いますが、ここからはWi-Fi中継機をより具体的に解説していきます。

Wi-Fi中継機とは

中継機の大元となるルーターは電話回線が近くにある場所でないと設置できないことが多いです。回線工事でルーターを家の随所に設置できるようにすることは可能ですが、そんなことができるなら最初から苦労していないですよね。

そんな一つの場所から動けないルーターから発せられる電波を受信し、受信した電波を再びWi-Fi電波として発信するのが『Wi-Fi中継機』というわけです。

中継機を間に挟むことで遠くて安定しない電波を安定して拾うことができたり、擬似的なルーターとなっている中継機にアダプタを繋ぐことでゲーム機やパソコンに有線接続することができます。

Wi-Fi中継機を使うメリット、デメリット

回線工事を行わず(新しいルーターを使わず)、Wi-Fi中継機を使うメリットとしては

  • 価格が安い(物によりますが大体2,500〜5,000円程度)
  • Amazonなどで購入した後から簡単に使用可能
  • コンセントに接続するタイプの物や電池式の物もあり、設置場所に困らない

などが挙げられます。

逆にデメリットは

  • 中継機という性質上、発信される電波はどうしてもルーター本体以下の性能になってしまう。
  • 本体のルーターの調子が悪くなった場合その影響を受けてしまう
  • ↑の状況になってルーターの電源を切るなどの対処をした場合、再接続に若干時間がかかる

などが挙げられます。

ルーターの電源を切って再接続した場合、ルーターからの電波を直接使っているならルーター起動→電波発信→受信という形で再接続完了です。

しかし、間に中継機を挟む場合だとルーター起動→ルーター電波発信→中継機電波受信→中継機電波発信→受信という形で再接続することになってしまいます。再接続にかかる時間は約二倍になってしまいます。

ただ、それ以外はほぼデメリットはないと言っても過言はありません。

中継機から発信される電波がルーター本体以下の性能とは言っても、実際使うと距離が近い中継機の方が安定していると感じるでしょう。

何より値段が全然違います。家を回線工事する場合にかかる値段が15,000円〜40,000円なのに対し、中継機を買う場合にかかる値段は2,500〜5,000円程度、倍以上の差があります。

回線工事をする場合は業者の人を家に呼ばないといけませんが、中継機の場合は通販でポチるだけで使えるというのも強みですよね。

正直プロゲーマーやプロストリーマー(配信者、動画投稿者)を目指している方でもない限りは中継機一択と考えてもらって良いです。もちろんプロゲーマー、プロストリーマーを目指している方にもおすすめの商品となっています!

おすすめの商品紹介

TP-Link WiFi 無線LAN中継器 RE200

正直Wi-Fi中継機の記事を作ったのはこの商品を紹介したかったからというのが大きいです。

こちらはTP-Linkという企業が開発したWi-Fi中継機なのですが、コンパクトかつデュアルバンド対応、コンセントに接続するだけで簡単に使用できる上に、その価格は約2,500円という驚異のコストパフォーマンスを誇る代物です。

購入後は3種類の方法から大元となるルーターと同期させる必要がありますが、物によってはボタンを押すだけで簡単に接続可能です。それができないルーターでも別の接続方法があるので安心してください(わたしはそっちで繋げました)。

基本的に高性能な本商品ですが、高性能のルーターと繋げた場合はその性能を最大限発揮することができないので、高性能のルーターを使用している場合は別の商品の購入を検討してください。(そもそも高性能のルーターを買っている方は回線問題は自力で解決しているとは思いますが)

TP-Link WiFi 無線LAN中継器 RE450

上のRE200をそのまま高性能にした商品だと考えてもらって構いません。

先ほどと比べると値段は高くなりますが、少しのラグが勝敗を左右するFPSゲーマーや非常に回線に負担が掛かるゲーム配信者、配信が少しでも止まると視聴者に気持ちよく聴いてもらえなくなる歌枠配信者などはこちらを選んだ方が安心できると思います。

ただし、いくらこの中継機が優れていてもルーター自身の性能が高くない場合は宝の持ち腐れになってしまいます。

二つの商品を紹介しましたが、この二つにはLANケーブルが付属されていません。有線接続を前提に考えている場合は別途でご購入していただく必要はあるのでご注意ください。

まとめ

今回紹介したWi-Fi中継機はあくまで中継機です。

電波が遠いという問題は解決することができますが、ルーターの調子が悪い、スペックが物足りないなどのお悩みを解決することはできません。その場合はルーター本体の買い替えをご検討ください。

ここまでご覧いただきありがとうございました!またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です